まくまく投資ノート

更新:
作成:

独立して事業を始める場合、個人事業主と法人化のどちらがよいのでしょうか。 両者の違いをメモメモ φ(・

個人事業主とひとり法人のメリット・デメリット

個人事業主ひとり法人
信用社会的な信用が低く、融資を受けにくい。社会的な信用が高く、融資を受けやすい。
費用設立費用がかからない(開業届を税務署に提出すれば OK)。設立費用がかかる(定款作成認証、登記)。
経理経理や税務の処理が楽。 青色申告者は複式簿記が必要。 白色なら単式帳簿も可。経理や税務処理が複雑。 複式簿記。 税理士などへの依頼がほぼ必須。
税金所得税として扱う。 累進課税で所得が増えるごとに税率が高くなる。法人税として扱う。 所得が増えても税率は上がらない。
保険社会保険に加入できない。 前職の任意継続か、国民健康保険で対応。会社で社会保険に加入できる。 社会保険料の半分は会社の損金にできる。

税金の違い

個人事業主の税金

  • 所得税
    • 1,800 万円超え … 40%
    • 4,000 万円超え … 45%
  • 住民税
  • 個人事業税(3〜5%)
    • 事業所得 290 万円以下であれば払わなくてよい。
    • 個人事業税は経費として扱える。
  • 消費税
    • 事業年度の売上が 1,000 万円以上の場合、取引に応じた消費税が課せられる。

ひとり法人の税金

自分用の法人を作って、そこから役員報酬という形で給料として払う場合、サラリーマンの必要経費である給与所得控除が受けられます。

必要経費 = 給与 x 10% + 120万円

役員報酬は法人側では損金として計上され、法人の利益を減らすことができます。

資本金 1,000 万円であれば、所得が 800 万円を超える場合、実効税率(法人税+住民税+事業税)は 35% 程度になります。

お得なワザ

  • 個人事業で開業して 2 年間の消費税の免税を受けてから、会社を設立(法人化)して追加で 2 年間の免税を受けるとお得。

関連記事

更新:
作成:

『株式投資・投資信託』の売れ筋ランキング

大正時代に生まれた相場師、林輝太郎氏が率いる林輝太郎投資研究所(現在は林投資研究所)で、彼が生徒たちに投資の手法をどのように指導していたかについて説明した本です。 書かれていることをざっとまとめると、必要最小限のプロの道具(場帳、玉帳、グラフ、勉強ノート)を使って、理論だけじゃなくて実際にやってみることが大事という内容です。 30 年前の書籍ですが、「プロの取引は地味」「実践が大事」「ストップ・マイナス」という考え方は今でも変わらないですね。

手書きの場帳をものすごく推しているんですが、このやり方は今でも必要な作業なのでしょうか? プロの投資家の方、誰か教えてください(←林氏が存命だったら一番怒られる考え方)。

下記メモメモ。

実践せよ

  • 研究ではなく習得しなさい。
  • 水の中でしか泳ぎを習得できないのと同じで、机上の研究では利益を得るやり方は身につかない。
  • 相場というものは理性、つまり理論的分析などで動くものではないので、理論的勉強をしているのは根本的に間違っている。
  • 技術(技法)というものは、人間の、それも個人的なことであるため、職人と同じで経験を積み重ねるしかない。
  • 上達するには自分でやれ。

よりどころを持つ

  • 独学にはよりどころがなく、それに基づいた実践がないため上達しない。 例えば、稼働や剣術でいうところの◯◯流のようなものがないのでフラフラしてしまう。
  • 「技術の上達」と「よりどころを持つ」ことは、にわとりと卵であり、どっちが先ということはない。
  • 主義主張を持ち → それに基づく方法を持ち → 実践する
  • 実践できない主義主張を持ってはいけない。

道具が重要

  • 相場も料理と同じで、プロ仕様の道具を使い、見よう見まねに行えば、なんとか売買らしきものができる。

ストップ・マイナス思考

  • 「マイナス」でなければ「ゼロかプラス」である。だからマイナスを止めればよい。
  • 「やるべきこと」を定義するのは難しいが、「やってはいけないこと」はわかりやすい。
  • 「禁止事項」をやらないこと、「注意事項」を守ること成功の近道である。

プロの売買は地味である

  • 株や商品の売買では、派手なことをやろうとするよりも、地味なことを守るべきだ。
  • 複合させたグラフは、描くことも見ることも禁止。
  • 一般投資家の悪いところは、いろいろな方式をやる、ひとつの方式の中に別な方式を併用する、というところである。
  • 重要なのは広さではなく、水準の高さである。

商品とは売るものである

  • 投資家が一段の進歩をするためには、「売りというもの」の理解が必須である。
  • 多くの投資家が買いに偏る → 「売り」について学ばなければいけない。
  • 自分の相場観を捨てるために、一年間は(順ザヤの先物を)新甫毎に売る。
  • どうしても「理想買い」の立場に片寄りがちだった自分の相場人生に「現実売り」の新しい風を入れる。

売買活動の方式

  • 銘柄選別に主眼を置く方法 … 選ぶまでが勝負
  • 銘柄を限定する方法 … 売買技法が勝負
    • こちらのやり方に切り替えると、初心者にありがちな、「手持ちが塩漬け株だらけ」という状況から抜け出せる。
    • 分割売買(仕掛けと手仕舞い)の技術を磨く必要がある。

自分自身を厳しい環境の中に置く

  • プロはローソク足ではなく折れ線グラフを使う。
  • ローソク足は変化(許容範囲)をやさしく見せてしまう。平均足のように価格をアレンジしたものはもっと顕著である。

関連記事

更新:
作成:

カバードワラントはオプション取引の一種で、特定の株式を購入する権利(コールオプション)や、株式を一定の価格で売る権利(プットオプション)を証券化したものです。

  • 日本のカバードワラントとしては、店頭カバードワラントの e ワラントが一部の証券会社で扱われていたが 2024 年にすべて終了。
  • 2013年7月の東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、日本における上場カバードワラント市場は消滅しました。この時点で、日本では店頭カバードワラントである e ワラントのみになりましたが、上記の通り、e ワラントの取り扱いもなくなりました。
  • 非上場の店頭カバードワラントは証券会社が取引相手で、証券会社が設定している時間内であれば取引が可能です。逆にオプション取引の場合は、取引所で反対取引をしている相手が見つからなければ取引は成立しません。
  • カバードワラントの税金
    • 「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」の対象
    • 雑所得の分離課税 (20.315%)
    • 外国為替証拠金取引 (FX) / 差金決済取引 (CFD)、株価指数先物取引と損益通算が可能

メニュー

まくまく投資ノート
サイトマップまくへのメッセージ